補助金活用

そもそも、「介護ロボット」とは?

厚生労働省が定める「介護ロボットの定義」は、
●情報を感知(センサー系)
●判断(知能・制御系)
●動作する(駆動系)
この3つの要素技術を有する、知能化した機械システムを応用し、
入居者様の自立支援や介護職員の負担の軽減に役立つもの、とされています。

現在、厚生労働省と経産省では、「ロボット技術の介護利用における重点分野」を
6分野13項目に定めて、以下のような介護ロボットの開発と導入を推進しています。

移乗介助機器(装着型)、移乗介助機器(非装着型)、移動支援機器(屋外型)、移動支援機器(屋内型)、排泄支援機器、入浴支援機器、見守り支援機器(介護施設型)、見守り支援機器(在宅介護型)

※厚生労働省「介護ロボットの開発・普及の促進」AMED「介護ロボットポータルサイト」より

国や自治体が進める
介護ロボットの導入・活用支援

補助金・助成金情報 ※年度で変更があり、要お問い合わせ

代表的なものに、地域医療介護総合確保基金(介護分)によって実施される、介護ロボット導入費用を補助する支援事業などがあります。全国の各自治体の補助内容に関して、詳しくは以下のリンク先の「介護ロボットONLINE」(株式会社ウェルクス)のHPをご参照ください。
https://kaigorobot-online.com/subsidy

介護報酬での評価 (厚生労働省老健局)

特別養護老人ホーム等の夜勤について、業務の効率化等を図る観点から、見守り機器の導入により効果的に介護が提供できる場合に評価します。詳しくは厚生労働省のHPを参照ください。

※厚生労働省のHP「介護ロボットの開発・普及の促進」より